きれいのタマゴ ホーム > フラワー > フラワーデザイナーのお仕事とは?

フラワーデザイナーのイラスト
Work Guide
フラワーデザイナーのお仕事とは?

フラワーデザイナーとは、結婚式場やイベント会場、ホテル、レストランなどで花を美しくアレンジメントする職業です。センスはもちろん、その目的や状況、予算を考慮したうえでお客様に十分な満足を与える技術が必要です。フリーで活躍するほか、ホテルなどでの専属や、花屋との兼業などのスタイルがあります。

フラワーデザイナーのイラスト
仕事内容1:花の仕入れ

フラワーデザインを行うには、その素材となる花を選び、仕入れる必要があります。また、それが原価となりフラワーデザインの価格設定にも影響を与えてきます。仕入れルートによって花の鮮度や美しさの変化があり、生花でのデザインであれば、素材の善し悪しが重要な要素となるので、デザインやアレンジと同等に、上質な花材を仕入れる能力もフラワーデザイナーには求められます。

仕事内容2:フラワーアレンジメント

予算を考えたうえで、花の種類や色味での工夫、ボリュームの見せ方などがフラワーデザインでの主な要素です。また、生花を使う場合は、目的や展示状況に応じて“長持ち”させ、展示のポイントとなるタイミングで満開にさせるような技術も必要です。見た目の美しさとともに、花を生き物として扱うための知識や技術がフラワーデザイナーには求められるので、花についての広い知識を身につけておく必要があります。

仕事内容3:スクール講師

花に関するニーズは一般に高まっているので、地域ごとでのスクールや講習会も多くなっています。そのため、フラワーデザインやアレンジの資格を持っていることで、講師として働ける場所も増えています。メインの仕事としても、主婦のアルバイトとしても対応できます。上手く教えることができ、生徒の支持を得られれば、自宅での開業・起業といった可能性も広がります。


フラワーデザイナーになるには?求められる能力は?

フラワーの写真フラワーデザイナーには公的な資格は不要です。しかし、生き物である花を扱うため、センスだけでなく、花の種類や生育、成長などに関するさまざまな知識が必要になります。厚生労働省公証のフラワー装飾技能士や日本フラワーデザイナー協会(NFD)の資格検定試験の取得など目指し勉強を続けることが必要です。生花店などで働きながら得る経験も有効です。また、花材の搬送も行うので運転免許も取得しておくほうがいいでしょう。

フラワーデザイナーになりたいと思ったら
講座を検索  
フラワーの通学講座を探す フラワーの通信講座を探す